浪花節だよ人生は

ボトックス注射で小顔になる方法

小顔になれるという事でボトックス注射が、話題になっています。
ボトックスは、ボツリヌス菌からつくるたんぱく質で、皮膚に注入すると筋肉に影響を与え、一時的に筋肉の働きを鈍らせます。

 

笑い顔や、しかめつらがくせになっていると、その表情でできるしわができやすくなります。
ボトックス注射は、眉間のしわや、目もとのしわを、筋肉を動かさないことで軽減させます。ボトックス注射で、小顔になるには、どうすればいいでしょう。
咬筋という筋肉は、口の中のものを咀嚼するために用います。咬筋が発達すると、あごの所のえらが張って、顔が大きく見えます。
小顔になるためにボトックス注射を行うのは、えらの張らない状態にするために、咬筋を弱体化させるためです。
施術後のダウンタイムが短くその日のうちに化粧や入浴が可能なところも、多くの人が気軽にボトックス注射を行う理由の一つです。

 

ただし、ボトックス注射を注射することで、表情変化が少なくなったり、まぶたが下がりやすくなる人がいます。
事前にカウンセリングを受けて、納得できるクリニックでボトックス注射をしてもらうことで、リスクを回避することが可能です。
ボトックス注射注射の効果は有限ですので、ずっと小顔でい続けるためには継続的にボトックス注射を行う必要があることも、知っておくべきことです。